ジェンマブについて

抗体医薬でがんと生きる日々を変える

ジェンマブは1999年にデンマークのコペンハーゲンで設立された、がん治療のための差別化された抗体治療薬の研究・開発を専門とする国際的なバイオ医薬品企業です。

経験豊富で国際色豊かな経営陣の下、私たちの強い企業文化とイノベーションへの深い情熱は独自の製品パイプラインと次世代抗体技術を生み出してきました。そしてそれらは、がん治療に大きな変化をもたらす免疫システムが持つ本来の力から、常に多くのヒントを得ています。

Button

社長メッセージ

患者さんと患者さんのかけがいのない人のために、
私たちの情熱を、新しい希望に変えて

私たちジェンマブは、患者さんの未来とがん治療の在り方を根本から変えるため、揺るぎない4つのコアバリューを理念として、抗体医薬品の研究開発に注力し、グローバルに展開するバイオ医薬品企業です。

既に市販されている治療薬は、パートナー企業を通じて、日本をはじめ世界中の患者さんおよび医療従事者の方々へ届けられ、患者さんの治療に貢献しています。

日本においては、2019年1月にジェンマブ株式会社を設立し、固形がん・血液腫瘍領域において、治療薬の臨床開発および自社販売体制の構築を鋭意進めています。

ジェンマブで働く一人ひとりが、患者さんを助けたいと願うすべての医療従事者の皆様と一つのチームとなって、がんと向き合う患者さんの今日を生きる力となるために、私たちの革新的な創薬の技術で、患者さんに新しい希望を届け、ずっと寄り添っていける存在になりたいと願っています。

患者さん、そして患者さんと生きるかけがえのない人のために、 私たちは、科学を革新的な技術・製品に変え、さらなる画期的な治療法の開発と早期の治療アクセスを追究してまいります。

代表取締役社長 高木 実加

ジェンマブのグローバルリーダシップ

グローバルCEOメッセージ

2025年までに、
革新的抗体技術でがん治療に変革を

弊社グローバルCEO ヤン・ファン・デ・ヴィンケル(Jan van de Winkel)より、日本の皆様へ向けたメッセージムービーです。
グローバルなバイオ医薬品企業であるジェンマブの企業理念やビジョンについて語っています。

You are now leaving Genmab.com to go to our collaborator’s website. If you continue, we encourage you to read the website’s privacy and cookie policy.