リサーチ & イノベーション

独自の抗体技術を用いて、がん治療の変革に挑む

ジェンマブは抗体治療薬の創薬におけるリーダーとして、自然からインスピレーションを受け、イノベーションに情熱を向け、エビデンスに基づいた企業活動を行っております。わたしたちは、ジェンマブ独自の抗体技術を用いて、革新的な次世代がん治療薬の研究開発に注力しています。がんで苦しむ患者さんへ少しでも多くの希望の光を与えれるよう、私たちの高い使命感が、日々の仕事の原動力となっています。

当社の開発およびイノベーションチームは、抗体プラットフォーム技術と、標的や疾患に関する知識を結び付けることを可能にする力を備えています。この結びつきが我々の開発組織を支える基盤になり、創薬から実臨床までのプロセスを確立しています。

詳しく見る

抗体テクノロジープラットフォーム

画期的な抗体治療における次の一歩を踏み出す

自然からのインスピレーション、科学を指針とした行動、そしてエビデンスに基づき、ジェンマブは抗体ベースの新しい治療法を開発するための、次世代における技術基盤を追究していきます。独自のDuoBody®、HexaBody®、DuoHexaBody®およびHexElect®、これらのテクノロジーを活用することにより、ヒト抗体が持つ力を利用し、自然抗体に関する生物学を基盤とした、がん治療を変革する可能性を持つ充実したパイプラインを確立しております。

抗体ベースの治療薬を開発するための様々なアプローチの中には、抗体薬物複合体(ADC)やmRNAテクノロジーなどが含まれます。

詳しく見る

4つの抗体プラットフォーム

DuoBody®:
二重特性抗体の生成

  • 革新的なプラットフォームにより、二重特異性抗体を最小限のエンジニアリングによって生成します。
  • 免疫グロブリンG1(IgG1)の構造と機能を維持しながら安定した二特異性抗体を生成するため、自然条件下で起こるFabアーム交換のプロセスに対する深い知識に基づいて構築されています。

詳細については、弊社グローバルウェブサイトをご参照ください。

活性増強された抗体、HexaBody®

  • 自然由来の抗体生物学に基づく広範に適用可能な技術です。
  • HexaBody®技術は、抗体が細胞表面の標的に結合した後、抗体による六量体(6個のクラスター)の形成を誘導します。これにより、通常の構造および特異性を維持しながら、抗体元来の殺傷能力を増強します。

詳細については、弊社グローバルウェブサイトをご参照ください。

活性増強した二重特異性抗体を生成する
DuoHexaBody®

  • 二重特異性を付与するDuoBody®技術と、活性増強のHexaBody®技術を組み合わせることで、標的分子依存的に六量体形成が促進される二重特異性抗体を生成します。
  • 標的細胞に対する補体依存性細胞傷害(CDC)を増強します。また、抗体六量体による標的受容体のクラスター化は、例えば、細胞外から細胞機能を調節することや、細胞をアポトーシスに誘導することも可能です。

詳細については、弊社グローバルウェブサイトをご参照ください。

効力と選択性が増強された二重標的抗体、
HexElect®

  • 二つの異なる標的分子が同一細胞上に存在する場合にのみ効果的かつ選択的に攻撃するように設計された二つのHexaBody®分子を組み合わせる技術です。これは、同一細胞上に存在する二つの異なる標的分子に対して、抗原-抗体結合依存的に抗体複合体を形成させることで達成されます。
  • 共依存の関係で機能するHexElect®分子は、両方の標的分子が発現する細胞のみを効果的かつ選択的に標的とします。

詳細については、弊社グローバルウェブサイトをご参照ください。

4つの抗体プラットフォームについて

4つの抗体プラットフォームについては
PDFからもご覧いただけます。

Our Technology (PDF)

You are now leaving Genmab.com to go to our collaborator’s website. If you continue, we encourage you to read the website’s privacy and cookie policy.