ジェンマブについて

抗体医薬でがんと生きる日々を変える

ジェンマブは1999年にデンマークのコペンハーゲンで設立された、がん治療のための差別化された抗体治療薬の研究・開発を専門とする国際的なバイオ医薬品企業です。

経験豊富で国際色豊かな経営陣の下、私たちの強い企業文化とイノベーションへの深い情熱は独自の製品パイプラインと次世代抗体技術を生み出してきました。そしてそれらは、がん治療に大きな変化をもたらす免疫システムが持つ本来の力から、常に多くのヒントを得ています。

Button

社会的責任と持続可能性

企業の社会的責任(CSR)に対するジェンマブの包括的なアプローチは、持続可能性に対するコミットメントに基づいており、4つのコア・バリューに従って、当社の目的とビジョンによって推進されています。私たちは、ステークホルダーに提供する価値が長期的に持続するよう、CSR関連の新しい方針、手順、プログラムを導入しています。
私たちは、私たちの行動が、患者さん、医療従事者、従業員、パートナー、株主などのステークホルダー、そして社会全体にむけて利益がもたらさせることを目指します。社会的責任を果たすことは、ジェンマブで働くうえでの基本となっています。
ジェンマブのCSRへの取り組みは、革新的な抗体医薬品を研究・開発することで、医療従事者の皆さまへ貢献し、患者さんの生活を向上させるという私たちの目的(Core Purpose)と、2025年までに当社の抗体医薬品でがん治療に変革をもたらし、抗体における革新的なパイプラインを確立するという当社のビジョン(Vision)に基づいて行われています。私たちはそのようなビジョンによって奮い立たされ、世界中の仲間たちと共に、がんを「恐れる病気」から「共に生き、克服できる病気」へと変える革新的な治療法の研究・開発に注力しています。

私たちの取り組み

ジェンマブは、今後私たちの活動によって及ぼされるあらゆる影響をより適切に管理・測定し、持続可能性への取り組みを果たすために、初の活動指標を設定しました。当社は、国連の持続可能な開発目標に取り組み、米国サステナビリティ会計基準審議会(SASB)のフレームワークを採用し、そのガイドラインに従って、当社の事業活動に関連する環境・社会・ガバナンス(ESG)における重要な情報を開示していきます。
私たちは、サステナビリティへの取り組みを継続し、ESGを戦略的計画やリスク管理プロセスへとさらに統合できる機会を模索し、事業活動に関連するESGの事項を監視し、パフォーマンスを測るための明確な目標を設定しています。

ジェンマブの取締役会とシニアリーダーは、4つの主要分野に集中したビジネスのCSR戦略に取り組んでいます。

国連が掲げる持続可能な
開発目標(#3、#5、#8)への
公約

17の目標で構成される国連が掲げる持続可能な開発目標(UNSDGs)は「質の高い教育の提供」、「人や国の不平等の改善」、「経済成長の促進、気候変動への具体的な対策」、「あらゆる形態の貧困を解消すること」を目指すなど、様々な分野にまたがった課題が分類され、その課題に向けて各国が早急に行動を起こすことが求められています。

環境・社会・ガバナンス(ESG)

ジェンマブは、米国サステナビリティ会計基準審議会 (SASB)のフレームワークを採用し、そのガイドラインに従い、事業活動に関連する環境、社会、ガバナンスにおける重要な情報を開示しています。ジェンマブは、事業活動に関連するESG基準を満たす持続可能な組織を構築するために、ESG活動、ポリシー、開示内容を定期的に比較・分析し、検証しています。

詳しくはこちら

ポリシーとガイドライン

ジェンマブは、事業のあらゆる側面において、合法的かつ倫理的な行動を約束し、すべての従業員と取締役会にむけて、関連する法律と規制を遵守することを求めています。
当社の医薬品を患者さんにお届けするにあたり、当社のコンプライアンスに関する公約は、必要に応じて更新されています。

コード・オブ・コンダクト(行動規範)

ジェンマブは、事業のあらゆる面で倫理的かつコンプライアンスに則った行動を促進するために、新しい行動規範を採用しました。この新しい行動規範は、Genmab社の取締役会、経営陣、従業員および契約・派遣社員に適用されます。「Code of Conduct-Living Our Values」と名付けられたこの新しい行動規範は、「イノベーションを生み出す情熱」、「使命感 – 自分たちのやるべきことに最善を尽くす」、「高潔性 – 正しい行いをする」、「ワンチームで働き、互いを尊重し合う」といった当社のコアバリューを基に作成され、日々の活動をどのように行うべきかを社員一人ひとりに考えさせることを目的としています。また、本規範は、当社の従業員だけでなく、当社が関わるパートナー、外部取引先、その他の第三者に期待する行動基準を反映したものです。すべての従業員は年に一回、行動規範に関するトレーニングを通じ、その遵守を証明することが義務付けられています。

英語版 Download

スピークアップに関するポリシーおよびホットライン(内部通報システム)

従業員や外部のステークホルダーが、違法と思われる行為を発見したり、当社の事業に関連する事項について懸念を抱いたりした際、声を上げる(スピークアップ)ことができるようにすることは、ジェンマブの文化を維持し、私たちが正しいことを行うためには必要不可欠です。ジェンマブのスピークアップ制度では、秘密を保持した報告や(許可されている場合は)匿名での報告を認めており、内容確認と適切な対応を行うためにジェンマブのコンプライアンス部門に送られます。このアプローチにより、より容易にアクセスしやすい報告環境を担保しています。

重要なのは、この新しいポリシーの保護対象は、当社の正社員だけではなく、非常勤社員、派遣社員、インターン生(現在および過去の両方)、その他懸念事項を報告することを選択したあらゆる人が対象となっていることです。

日本語版 Download
英語版 Download

ダイバーシティポリシー

品質への取り組み

You are now leaving Genmab.com to go to our collaborator’s website. If you continue, we encourage you to read the website’s privacy and cookie policy.