リサーチ & イノベーション

独自の抗体技術を用いて、がん治療の変革に挑む

ジェンマブは抗体治療薬の創薬におけるリーダーとして、自然からインスピレーションを受け、イノベーションに情熱を向け、エビデンスに基づいた企業活動を行っております。わたしたちは、ジェンマブ独自の抗体技術を用いて、革新的な次世代がん治療薬の研究開発に注力しています。がんで苦しむ患者さんへ少しでも多くの希望の光を与えれるよう、私たちの高い使命感が、日々の仕事の原動力となっています。

当社の開発およびイノベーションチームは、抗体プラットフォーム技術と、標的や疾患に関する知識を結び付けることを可能にする力を備えています。この結びつきが我々の開発組織を支える基盤になり、創薬から実臨床までのプロセスを確立しています。

詳しく見る

データサイエンス

データサイエンスを活用し、より深い見識を解明する

データによって、疾患に関する理解はますます進歩しております。このことは、がん領域においては特に言えることです。

弊社の自社治療薬開発プロセスのすべての段階において、データ駆動型の素早い意思決定を可能にする高度なデータサイエンス技術に投資してきました。臨床試験および非臨床試験で得られたさまざまなデータを統合し、このアプローチを指針とすることにより、疾患の標的、治験薬、適応症および患者さんのバイオマーカーに関する画期的な見識を見つけ出すことができます。

ジェンマブのコミュニティにはデータサイエンスが深く浸透しており、以下を可能にしています。

  • 研究者や臨床医などのステークホルダーに複雑なデータセットや解析に対する直観的な視点を提供し、組織全体が隔たりなく統合データへアクセスできるようすること
  • 民間ならびに公共の臨床、非臨床データの収集により、疾患の画期的なターゲットを特定すること
  • 臨床試験実施中に、臨床バイオマーカーの候補や生物学的知見をリアルタイムで特定すること
  • 画期的な発見をさらに促進し、また自動化するために、機械による学習や人工知能における進歩を活用すること

You are now leaving Genmab.com to go to our collaborator’s website. If you continue, we encourage you to read the website’s privacy and cookie policy.